カスピ海ヨーグルト保存状態
ビヒダス BB536

フジッコのカスピ海ヨーグルトの種菌があればカスピ海ヨーグルトが手作りすることができます。

しかし、カスピ海ヨーグルトを手作りする場合、必ずしも成功するとは言い切ません・・・。

そこで、カスピ海ヨーグルトを手作りした際に失敗しないためのポイントと、成功する対策について紹介します。

 

カスピ海ヨーグルトを手作りする方法

カスピ海ヨーグルト種菌セット

まず、カスピ海ヨーグルトを手作りする方法は、フジッコで販売されているカスピ海ヨーグルトの種菌を使用します。

カスピ海ヨーグルトの種菌を牛乳と混ぜるだけで簡単にカスピ海ヨーグルトが出来上がります。

しかし、簡単だからこそ少しのミスが失敗に繋がります・・・。

そうならないためにも失敗しないための要点をまとめてみました。

 

失敗しないための温度

カスピ海ヨーグルト保存状態

カスピ海ヨーグルトを手作りする際に失敗する原因の一つに温度があります。

カスピ海ヨーグルトは27度が最適な温度です。

ですので、カスピ海ヨーグルトを失敗しないで作るためには27度前後の場所に保管する必要があります。

また、温度が低いとなかなか固まらず、温度が高いと早めに固まります。

しかし、カスピ海ヨーグルトは温度が高すぎても固まらないため、フジッコが推奨している温度は25度から30度です。

カスピ海ヨーグルトを失敗しないためには25度から30度前後の場所に保管しましょう!

 

失敗しないための保存方法

カスピ海ヨーグルトを失敗しないで保存する方法は、上記で説明した温度で保管することです。

もちろん、直射日光が当たる場所に置いたりは厳禁です。

また、カスピ海ヨーグルトが固まったかどうか?確認をして、カスピ海ヨーグルトが固まったら冷蔵庫で保管をします。

カスピ海ヨーグルトが固まったまま保管しておくとヨーグルトを常温に置いておくことと同じなので危険です。

カスピ海ヨーグルトは厳密な保管場所はありませんが、定期的に観察することも重要になります。

 

固まらない原因

カスピ海ヨーグルトが固まらずに出来上がらないという失敗もありますが、それは種菌が少ない可能性があります。

ヨーグルトの種菌を利用した場合、種菌が少ないと固まりません。

また、ヨーグルトの種菌を何度も利用してカスピ海ヨーグルトを作ると、徐々に菌の力が弱まってしまいます。

ですので、フジッコでは最低でも3か月に1回新しい種菌に切り替えることを推奨しています。

 

失敗しない冬の作り方

カスピ海ヨーグルトを手作りする場合、一番困るのが冬場です・・・。

冬はカスピ海ヨーグルトを手作りするための最適なお温度を保つことが難しいからです・・・。

冬場ストーブを焚いたとしても27度まで上げることは難しいですし、夜中もストーブをつけっぱなしはさすがにカスピ海ヨーグルトだけのためにするのでは経済的にもよくありません・・・。

そこでおすすめなのが、冬場はもちろんのことヨーグルトメーカーを使ってカスピ海ヨーグルトを作る方法です。

ヨーグルトメーカーなら、温度を一定に保ってくれるため、失敗することなくカスピ海ヨーグルトを作ることができます。

 

ヨーグルトメーカーで失敗する理由

上記でカスピ海ヨーグルトをヨーグルトメーカーで作ることを推奨しましたが、ヨーグルトメーカーで失敗する方もいます。

ヨーグルトメーカーで失敗する原因はヨーグルトメーカーの設定温度です。

カスピ海ヨーグルトではない一般的なヨーグルトは、カスピ海ヨーグルトが固まらない温度設定になっています。

そのため、いくら経ってもカスピ海ヨーグルトが作れないという失敗が多いようです。

ですので、ヨーグルトメーカーでカスピ海ヨーグルトを作る場合には設定温度に注意しましょう。

また、ヨーグルトメーカーを購入する際には、カスピ海ヨーグルト対応のものを購入しましょう!

 

手作りの賞味期限

手作りをしたカスピ海ヨーグルトは1週間を目安に食べましょう。

手作りをしたカスピ海ヨーグルトは当然ながら保存料などは言っていませんので、早めに食べましょう。